bitters end

これで最期。いつもdead end.


Entry : main   << >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | - | - |
景色が変わる

teruさながらに。


波照間に行ったとき。
物凄い風が吹いていて。
なんならちょっとした台風くらいの。
と、僕はそう感じたのですが
宿泊先の主人が言うには
台風が来たらこんなもんじゃないとのことで。
南国の台風は
私のような雪国の人間の想像を
遥かに凌駕するモノなんだなと
思いました。


最近
僕にとって何が怖いことなのか
考えたのですが
1つ思うのは嫌われてしまうこと かなと思いました。
ガッカリされたくない とも言えるでしょうか。
かといって
嫌われたくないが故に
思ってもいないことを言う とか(お世辞的なことですね)
無理だし。
そんな面倒な生き方は勘弁だし。
だから有りの儘を晒して人と接しますが、
それで嫌われたらしょうがない
思えるほど開き直ることも出来てないように思います。
やはり自分の好きな人には
嫌われたくないなぁと思います。
嫌われても構わない人もいますけど。


ゲームセンターにて1人でクレーンゲームなどをして遊んでいたら
偶然、まつんに逢いました。
彼も1人でクレーンゲームをしていました。
楽しいですものね。ゲームセンター。
まつんに話しかけ、しばらく喋ったあと
またお互い好きなゲームをするため別れました。
ふと気が付くと
あんなに人で賑わっていたゲームセンターに
お客さんが1人もいなくなっているではありませんか。
誰もいない。
僕しかいない。
どうしたのだろう。
みんなどこに行ってしまったのだろう。
不思議に思い、ゲームセンターの入り口に目をやりました。
すると次の瞬間、突如として身長160cmくらいのサンタクロースの集団(約30人ほど。)が
ゲームセンター内に雪崩れ込んできました。
すごいダッシュです。
サンタクロースの集団は一瞬にして僕を囲むようにして座り込みました。
そして彼らは僕に
『グレイ歌ってくれ。グレイ。』
と要求してきました。
僕はグレイを歌いました。
歌いながらサンタクロースの群れを見渡すと
よく知っている人が1人。
なんとまつんがサンタクロースの群れに混ざっていたのです。

という夢を
昔、見たことがあります。

夢かーい!
と、思ってくれた人が1人でもいたなら嬉しいです。





| まちゃ | 23:06 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 23:06 | - | - | - | - |
Comment
15年前にフェスタショーカと言う野外イベントでビーラブド歌ったわ
Posted by: つんまー | at: 2013/11/18 11:00 PM
つんさんが歌ったってのが良いね。
15年前か。
もうどれくらい歩いてきたんだろうね。

Posted by: まちゃ | at: 2013/11/19 1:41 PM







Trackback

新しい日記
まちゃにーちゃま
Dr.BitterEnder facebook

 facebookやってます


コメント
Profile
カテゴリー
(1つ増えました。)
昔の日記
リンク
Admin
PR